テーマ別観光

体験観光(春・夏編)

みなみ北海道・青森で体験できる、春・夏ならではのアクティビティやメニューを紹介します。

北海道函館市

箱館ハイカラ號で大正時代にタイプスリップ

箱館ハイカラ號で大正時代にタイプスリップ

4~10月末までの期間限定で走行する、函館市電の復元チンチン電車「箱館ハイカラ號」。この車両は1910年に千葉県で初運行され、1918年に函館へ移りました。1937 年からは除雪車として使用されていましたが、1992年、函館市制70周年記念事業のひとつとして大正~昭和初期の客車の姿に復元されたものです。通常の市電車両は運転士のみの「ワンマン運転」ですが、ハイカラ號にはレトロな制服を着た車掌と運転士が乗務。鐘を鳴らして出発します。運賃は、通常の市電の乗車料金と一緒で、現金で車掌に支払うと、「箱館ハイカラ號専用乗車券」の半券を乗車記念として持ち帰ることができます。

北海道北斗市

谷観光農場 果物・野菜収穫体験

谷観光農場 果物・野菜収穫体験

谷観光農場は、北海道新幹線・新函館北斗駅から車で10分のところにあります。東京ドーム3個分の敷地には、いちごやさくらんぼ、トウモロコシ、じゃがいもなど、北海道の味覚がいっぱい。 6月中旬から10月下旬まで、収穫体験ができます。自分の好きな野菜をもぎとって、北海道ならではのジンギスカンが食べられる「北海道の魅力いっぱい 農場BBQプラン」が人気です(要予約)。

北海道七飯町

カヌー体験

カヌー体験

北海道の大自然の中で、カヌー体験はいかがですか。1916年に「日本新三景」に選定された大沼国定公園は、活火山である駒ヶ岳とその麓に広がる大沼湖、小沼湖、じゅんさい沼を主とした大小様々な湖と、126もの小島が美しく雄大な景色をつくっています。湖の真ん中で波の音と風を感じながら、駒ヶ岳を望むことができます。ガイドが漕ぎ方を教えてくれるので、初心者でも安心です。

北海道知内町

矢越海岸クルーズ(やごしかいがんクルーズ)

矢越海岸クルーズ(やごしかいがんクルーズ)

「道南の秘境」と呼ばれる、断崖絶壁や青い海が続く矢越海岸の一帯を、小型船でクルージングするツアーです。 小型の船なので、人が立ち入らない海岸の間際にまで近寄ることができ、秘境の雰囲気を文字通り“体感”することができます。 このツアーは乗船して景観を見るだけでなく、キャプテンによるガイドトークや、場面にマッチしたBGMも楽しめるのが特長です。

北海道福島町

岩部「青の洞窟」クルーズツアー

岩部「青の洞窟」クルーズツアー

松前矢越道立自然公園」に指定され、船でしか行くことができない秘境・岩部海岸をクルーズするツアーです。圧倒的な大自然の風景、奇岩や断崖、そして「青の洞窟」をみることができます。ガイドによる岩部の地にまつわる歴史などの解説があるほか、ドローンによる記念撮影サービスがあります(一部有料)。※2019年6月より運航開始

北海道上ノ国町

勝山館周辺歴史ガイドプログラム

勝山館周辺歴史ガイドプログラム

歴史ガイドとともに、勝山館周辺を散策するプログラムです。松前藩の祖である武田信廣が15世紀後半に築き、かつての北方交易の一大拠点であった「勝山館跡」や、北海道最古の民家建築で、ニシン番屋の原型ともいわれる「旧笹浪家住宅」などの重要文化財施設や史跡を巡ります。3日前までに上ノ国観光協会へご予約ください。1名1,000円(1~10名まで)、人数により割引、施設により別途施設入館料。

北海道乙部町

ホタテ磨き体験

ホタテ磨き体験

ホタテを出荷前に磨く作業を体験できます。希望すれば、宿泊体験施設「おとべ温泉郷光林荘」での夕食に、自分が磨いたホタテを調理してもらえます。磨いたホタテ(約1kg)は持ち帰りです。(時期7~8月、体験料500円、所要時間30分、定員20名、1週間前までに光林荘へ要予約)

北海道厚沢部町

(うずら)ダムオートキャンンプ場 ハチャムの森でキャンプ

鶉(うずら)ダムオートキャンンプ場 ハチャムの森でキャンプ

オートキャンプ場「ハチャムの森」でご家族や友人と一緒に、豊かな自然を満喫しませんか。「ハチャム」とは、厚沢部の語源になった「桜鳥」のアイヌ語からきています。各種レンタル用品など、キャンパーをサポートする設備が整い、コテージや電源付きカーサイトも備えています。デイキャンプもOK。4月末から9月末まで営業しています。

北海道奥尻町

SUP・カヤック体験

SUP・カヤック体験

SUP(サップ)とは、スタンドアップパドルボードの略称。その名の通り、ボードの上に立ち、パドルを漕いで水面を進む新しいアクティビティです。SUPまたはカヤックで、「奥尻ブルー」と呼ばれる透明度の高い奥尻島の海を楽しむ本プログラムは、インストラクターの丁寧な解説つきで、初心者でも気軽に体験できます。1時間の体験コースから、3時間のツーリングコースまであり、夕日を眺められるプランもあります。(実施期間4月下旬~10月中旬、事前予約制、最少催行人数1~8名)

北海道ニセコ町

ラフティング

ラフティング

4月中旬から春の大型連休頃までの短い期間しか体験できない、春ラフティング。ニセコ山系から流れ込む豊富な雪解け水で、春限定のエキサイティングなコースを下るラフティングが大人気です。水量が少なくなってくると自動的に夏コースに変わります。夏コースでは川遊び満載で、ボートから飛び込んだり、川から見る景色を楽しんだり、春とは違った魅力があります。小学生は6月から参加可能です。

北海道室蘭市

イルカ・クジラウォッチング

イルカ・クジラウォッチング

6~8月までの期間限定で、室蘭近海では18種類にも及ぶイルカやクジラ、オットセイなどの海洋動物が見られます。ボートの周りを泳ぎ、人間ウオッチングをするミンククジラや、時には500~1000頭もの群れをなすカマイルカ。この中には、「アルビノ」と呼ばれる薄桃色の珍しいものがいるそうで、見つけられたらラッキーです。またキラーホエールと呼ばれる、イルカの仲間では最大種のシャチも時折、姿を見せてくれます。イルカはかなり高い確率で見ることができるので、室蘭の海へ是非、お越し下さい。

北海道浦河町

ホーストレッキング

ホーストレッキング

うらかわ優駿ビレッジAERUは、初心者の方から上級者の方まで楽しめる、17のホーストレッキングコースを用意しています。
雄大な日高山脈を背景に、春は桜のトンネルをくぐり、夏は一面のオオハンゴンソウを掻き分け、まるで映画の1シーンのような、ここでしか味わえないトレッキングコースを堪能していただけます。

北海道日高町

ラフティング

ラフティング

ラフティングは、アメリカで発祥され、ゴムボートに乗りパドルを操作しながら急流の川を下るアクティビティ。ライフジャケットを装着し、経験豊富なインストラクターが付いてくれるので、泳げない方やスポーツはちょっと…という方でも大丈夫。川の種類も豊富なので、初めての方から上級者まで楽しめます。日高町内では、ラフティングのほか、体一つで激流を下るキャニオリングや、命綱一本でスリルを楽しむブリッジスイング、大自然の中をまるでターザンのように駆け抜けるジップラインなど、豊富なリバースポーツが楽しめます。

北海道様似町

アポイ岳散策体験プログラム

アポイ岳散策体験プログラム

2015年にユネスコ世界ジオパークに認定されたアポイ岳では、ガイド付きの散策体験プログラムがあります。高山植物や特殊な地質(かんらん岩)を楽しむことができ、頂上までは3時間程度。老若男女を問わず誰でも登ることが可能です(主なコースはこちら)。
写真は、毎年4月初旬に行われる「アポイ山麓ファミリパーク安全祈願祭」の様子です。 4月初旬よりJR様似駅内にある様似観光案内所もオープンします。

青森県八戸市

種差絶景満喫プログラム

種差絶景満喫プログラム

多彩な景観が広がる種差海岸には、各種体験プログラムがあります。海岸沿いをレンタサイクルで巡る「種差海岸らくらくサイクル」は、GPS音声ナビ付きの電動アシスト自転車でサイクリングしながら、音声ガイドによる各スポットの観光案内を聞くことができます。種差海岸を代表する景勝地・種差天然芝生地で開催される「種差海岸乗馬体験」は、引き馬に乗ってゆったりと散策を楽しめます。「種差朝ヨガ」(写真)は、早朝の爽やかな空気の中、海を眺めながらのヨガ体験。種差海岸の自然のパワーを感じてリフレッシュできると人気です。

青森県むつ市

イルカウォッチング

イルカウォッチング

春から初夏にかけて陸奥湾に回遊してくるカマイルカを、遊覧船から見てみませんか。カマイルカは、背びれが草を刈る鎌に似ているのが名前の由来。遭遇できた瞬間、船内には歓声が沸き起こり、お客さまの笑顔とイルカと海がキラキラと輝きます。
むつ市観光遊覧船「夢の平成号」は、このイルカウォッチングコースのほか、むつ市脇野沢のシンボル「鯛島」に上陸できるコースなどもあります。「鯛島」は、その名の通り鯛のような形をした美しい島で、下北ジオパークを形成する、ジオサイトの1つです。

青森県弘前市

弘前公園スマートグラスガイドツアー

弘前公園スマートグラスガイドツアー

360度パノラマ画像や、弘前城の歴史紹介をスマートグラスで楽しみながら、弘前公園の魅力ポイントをアテンダントが案内するツアーです。桜や雪の景色など、弘前公園のさまざまな様子をお楽しみいただけます。(所要時間 約70分、体験料 1,000円税込、対象 中学生以上)

(記事公開 2019年3月)