テーマ別観光

桜スポット

みなみ北海道と青森の観光担当者から寄せられた「我が街の自慢の桜スポット」16か所を紹介します。4月中旬から6月中旬にかけて徐々に北上する桜前線。ぜひ、このエリアを周遊して、桜を存分にお楽しみください。

北海道函館市

五稜郭公園

函館市 五稜郭公園

数々の歴史の舞台となった五稜郭公園は、桜の名所としても知られています。ソメイヨシノを中心に約1600本が植樹されていて、毎年春の大型連休直前に咲き始めるので、連休中は大賑わい。五稜郭タワーからは、眼下に広がる桜色のパノラマを楽しめます。北海道のお花見の定番といえば、桜の木の下でいただくジンギスカン。観光で来たかたでも手軽にジンギスカンを味わえる、手ぶらセットを提供する店があります。

北海道北斗市

法亀寺(ほうきじ)

北斗市 法亀寺(ほうきじ)

北斗市を代表する桜の名所のひとつ「法亀寺(ほうきじ)」境内には、樹齢およそ300年の北海道最大級のシダレ桜があります。木の高さは約12メートルあり、垂れ下がった枝いっぱいに桜の花が咲き誇ります。4月下旬から5月上旬の見ごろには、近隣はもとより、遠方からの観光客が花見に訪れます。花見時期には夜間ライトアップが行われます。春の陽光に映える桜とはまた一味違う、幻想的な夜桜もおすすめです。北斗市には法亀寺を含む複数の桜スポットがあり、「桜回廊」と名づけられて新名所となっています。

北海道乙部町

しびの岬公園(しびのさきこうえん)

乙部町 しびの岬公園(しびのさきこうえん)

「しびの岬公園(しびのさきこうえん)」は、北海道の天然記念物「鮪の岬(しびのさき)」の小高い丘の上にあります。

北海道厚沢部町

史跡松前氏城跡館城跡(しせきまつまえししろあとたてじょうあと)

厚沢部町 史跡松前氏城跡館城跡

史跡松前氏城跡館城跡(館城跡公園)は、日本最後の和式城郭「館城」の跡地です。明治元(1868)年、松前藩が防備のために築城しましたが、建設直後に旧幕府軍の激しい攻撃を受けて焼失しました。公園内では、数多くの桜ととともに堀、土塁、礎石などの跡地を見学することができます。また、毎年5月頃に「館城跡祭り」が開催され、当時の戦を模した箱館戦争行列「官軍 対 旧幕府軍」やステージイベント、厚沢部町特産のじゃがいもの塩煮の振舞いなどが行われます。

北海道知内町

重内桜ロード(おもないさくらロード)

知内町 重内桜ロード

重内展望台から津軽海峡に向かって一直線に伸びる道道698号線。その沿道には桜並木が続き、海と桜の絶景を楽しむことができます。この桜の木は、地元の重内町内会によって守られており、一年中大切に手入れをしています。

北海道奥尻町

うにまる公園・ファミリーパーク

奥尻町 うにまる公園・ファミリーパーク

うにまる公園と、隣接するファミリーパークにはエゾヤマザクラが植えられており、5月中旬から6月上旬が見ごろです。うにまる公園には、キタムラサキウニをモチーフにした「うにまるモニュメント」があり、夜にはライトアップします。ファミリーパークには、遊具やテニスコートがあり、家族で楽しめます。このほかにも奥尻島では様々な箇所で桜が見られるので、島を一周してお気に入りの桜スポットを見つけてみてはいかがでしょうか。

北海道蘭越町

せせらぎ公園

蘭越町 せせらぎ公園

蘭越町では毎年5月の大型連休時期になると、エゾヤマザクラやソメイヨシノなどが咲き始め、連休後半に見ごろを迎えます。尻別川沿いにあるせせらぎ公園には遊具が設置されており、子ども連れの家族におすすめです。

北海道蘭越町

よしくに自然公園

蘭越町 よしくに自然公園

よしくに自然公園は、蘭越町の市街地から離れており、豊かな自然を楽しめます。散策路ではのんびりと散歩もできます。連休中は家族連れで賑わいを見せます。ぜひ一度、蘭越町の桜名所まで足を伸ばしてみてください。

北海道浦河町

優駿さくらロード

浦河町 優駿さくらロード

優駿の里公園の入口から、約3kmにわたって1,000本のエゾヤマザクラが道路の両側に立ち並ぶ「優駿さくらロード」。例年5月上旬が見頃で、桜のトンネルが訪れる人々を圧倒します。期間中の夜にはライトアップされ、幻想的な夜桜を楽しむこともできます。この時期にあわせて、「浦河桜まつり」が開催されます。

北海道室蘭市

崎守町の一本桜

室蘭市 崎守町の一本桜

道央自動車道・室蘭ICから伊達方向に向かう途中の道道室蘭環状線沿いの牧草地(崎守町)に、ポツンと一本、樹齢100年以上、高さ10メートルほどの見事なエゾヤマザクラがあります。新緑の草原と淡いピンク色の桜のコントラストは、まさにインスタ映え。テレビCMやPVのロケ地にも使用されました。また、桜の季節だけでなく、四季折々で違う姿を楽しむこともできます。
※私有地のため、敷地内への立ち入りは出来ません。駐車場もないため、路肩に駐車して歩道から見物してください。

北海道苫小牧市

緑ケ丘公園

苫小牧市 緑ケ丘公園

総面積91万㎡に及ぶ緑ケ丘公園は、約2,000本のエゾヤマザクラや、ヤエザクラ約1,000本が花を咲かせる、知る人ぞ知る桜の名所です。桜並木のほかにも、公園内には、噴水や花壇、数多くの木々が植栽され、四季折々の風景を楽しむことができます。野球場やサッカー場などのスポーツ施設やアスレチック遊具、ボートが楽しめる「金太郎池」などもあり、家族連れで休日を過ごすのにぴったりのスポットです。

北海道日高町

神楽岡公園

日高町 神楽岡公園

日高神社のある神楽岡公園では、植樹された約300本のエゾヤマザクラが咲き誇り、山全体がピンクに染まります。中には樹齢80年に及ぶものもあります。例年5月中旬が見ごろで、食事を楽しみながらのお花見にもうってつけの公園です。

北海道伊達市

有珠善光寺(うすぜんこうじ)

伊達市 有珠善光寺

境内には樹齢200年を超える桜の巨木が何本もあり、その中でも有名なのが巨石を割りながら成長した石割桜です。敷地の一番奥まったところにひっそりと立つこの桜は、春になると現在も花をつけます。このほかにも、しだれ桜の巨木や、ヤエ桜が多く植樹されています。花見のシーズンには観光バスで各地よりの観光客が訪れ、にぎわいます。また、アジサイの名所としても知られ、春夏秋それぞれの花や木も多く存在し、四季を通して自然の息吹の感じられる花所でもあります。

青森県弘前市

世界一の桜並木

弘前市 世界一の桜並木

岩木山麓、百沢温泉(ひゃくざわおんせん)から嶽温泉(だけおんせん)に至る県道3号線とその周辺に、総延長約20㎞にわたって6,500本ものオオヤマザクラが植えられています。市民有志が「世界一の桜並木を作りたい」という思いで10年間にわたって植樹した桜並木で、地元では「世界一の桜並木」として愛されています。残雪が残る岩木山とピンク色の並木道をお楽しみいただけます。

青森県八戸市

館鼻公園

八戸市 館鼻公園

新井田川河口の高台に位置している館鼻公園。見晴台やお花見広場があり、桜や夜景を楽しむ人々が集う場所となっています。園内にある展望タワー「グレットタワーみなと」は、八戸の海や、まちを一望できる絶好の眺望スポット。そこから見下ろす桜も人気の一つです。近くの館鼻岸壁では毎週日曜日に「館鼻岸壁朝市」が開催されます。朝市での朝ごはんを堪能した後はお花見をしに館鼻公園へ、春を満喫できるおすすめの過ごし方です。

青森県むつ市

水源池公園

むつ市 水源池公園

水源池公園のあるむつ市大湊地区には、明治35年の海軍水雷団の開庁以来、要港として発展を遂げた経緯があります。公園内及びその周辺にも、海軍専用水道施設として東北地方で最初に建設された「旧大湊水源地水道施設」が残されています。これは明治35年から同43年にかけて作られ、昭和51年まで海軍や市民の水道として使われました。水道施設の役割を終えた後、昭和53年に水源池公園として整備され、平成21年に国の重要文化財に指定されています。

(記事公開 2019年3月)