テーマ別おすすめ情報

人気・おすすめ土産

みなみ北海道や青森ならではの人気土産や、各地の観光担当者がおすすめする土産をご紹介します。

北海道函館市

宝来まんじゅう

宝来まんじゅう

函館の老舗和菓子店「千秋庵総本家」の新店舗「千秋庵菓寮(ハコビバ店)」でしか食べられない饅頭です。原料にこだわり、北海道産の小麦に沖縄産黒糖を使用。その場でいただける蒸したてホカホカの饅頭は、格別のおいしさです。

北海道奥尻町

特別純米 奥尻

特別純米 奥尻

島の豊かな原生林から湧き出る天然水と、奥尻町で契約栽培された酒米「吟風」のみを使用しました。奥尻の海産物にあうように淡麗辛口。とても素朴で透明感のあるさっぱりした味わいです。町内の商店などで取り扱っています。

北海道江差町

五勝手屋羊羹

五勝手屋羊羹 丸菅羊羹

手間を惜しまず、心を尽くし、丹精を込めて作られています。「一日一釜」、早朝から煮上がった豆と寒天、砂糖を合わせて一日がかりで練りあげます。この練りが味の決め手であり、熟練の技が変わらない味をつくり上げます。

北海道上ノ国町

カミゴンどら焼き

カミゴンどら焼き

道の駅上ノ国もんじゅ内の和菓子工房「菓処あまのがわ」で、町内の職人が一つ一つ手づくりした、施設限定の和菓子です。上ノ国町のイメージキャラクター「カミゴン」の焼印が入っており、お土産としても人気の高い商品です。

北海道知内町

おっぱい饅頭

おっぱい饅頭

優しい甘さの白あんの表面を、ホワイトチョコレートでコーティングした饅頭。知内町には、「姥杉(うばすぎ)」通称・おっぱいの木と呼ばれる巨木があり、根元にはその昔、女性の乳房のような形のこぶが2つあったそうです。母乳があまり出ず悩んだ母親が、この木の根元に洗米を供え、その米をお粥にして食べたところ、母乳がよく出るようになったという言い伝えがモチーフとなっています。

北海道福島町

青の洞窟サイダー

青の洞窟サイダー

鮮やかな青色と、津軽海峡の塩を使ったほんのり塩気のあるサイダーで、福島町の「青の洞窟」をイメージして作られました。甘さ控えめのスッキリとした味わいで、口の中に爽やかさが広がります。町内の道の駅や各店舗で販売しています。

北海道むかわ町

ししゃも醤油

ししゃも醤油

むかわ町の名産品「ししゃも」のほか、日高昆布、乾燥椎茸、鷹の爪が瓶詰めになっており、お好みの醤油を注いで半日程度寝かすことで、風味豊かな「ししゃも醤油」が出来上がります。瓶が軽くてお土産に人気。むかわ温泉「四季の館」オリジナルの商品です。

北海道浦河町

夏いちごアイス

夏いちごアイス

濃厚なミルクアイスに、いちごの果肉がたっぷり55%も入ったアイスで、2019年には北のハイグレード食品にも選定された大注目の品です。通称「夏いちご」と呼ばれる「すずあかね」は、浦河町と様似町を合わせて日本一の生産量を誇るいちご。生産者だからこそ実現できた贅沢な逸品をぜひご賞味ください。

北海道室蘭市

室蘭カレーラーメン

室蘭カレーラーメン

1970年代には既に市内のラーメン店メニューに載っていたという、長年市民に愛されてきた名物グルメ。ラーメンと相性の良いカレースープを各店主が考え、鉄のまち「室蘭」ならではの風土が育てた庶民の味となりました。市内にあるラーメン店の約6割で提供しています。北海道特有のちぢれ麺、チャーシュー、野菜やワカメなどの具材が美味しさのハーモニーを奏でます。道の駅みたらでは、乾麺タイプ・生麺タイプのお土産用ラーメンを販売しています。

北海道登別市

登別ブランド推奨品

登別ブランド推奨品

登別がまちをあげてお勧めするこだわりのある逸品が”登別ブランド推奨品”です。乳製品や肉などの畜産物や、水産物など30を超える商品が推奨品として認定されています。登別でしか味わえない魅力のある商品ばかりですので、是非ご堪能ください。

北海道苫小牧市

ホッキ貝

ホッキ貝

苫小牧の食でまずあげられるのが、水揚げ日本一の「ホッキ貝」。特許庁の地域団体商標でも認定されています。ホッキ貝は、シコシコとした歯ごたえがあり、甘みと旨みをたっぷり含んだ味わいが魅力。ホッキ貝を使った「ホッキカレー」や「ホッキ貝の炊き込みごはん」は、一般家庭でも作られているほか、学校給食や市内の飲食店でも提供され、郷土の味として市民に親しまれています。

青森県むつ市

「ムッシュ・ムチュランⅠ世」水兵ver

「ムッシュ・ムチュランⅠ世」水兵ver

むつ市のイメージキャラクター「ムッシュ・ムチュランⅠ世」のオリジナルグッズが、「北の防人大湊 安渡館」限定で販売中です。ここでしか入手できない可愛い水兵verグッズを是非お楽しみください。

青森県弘前市

こぎん刺し

こぎん刺し

津軽の伝統工芸である「こぎん刺し」。江戸時代、麻の衣類しか着用できなかった津軽地方の農民たちが、麻布の補強と保温効果を目的として木綿の糸で刺し子を施すようになったことが始まりです。近年は柄や色がモダンにアレンジされており、特に小物は人気が高くなっています。

青森県今別町

もずくうどん

もずくうどん

市場に出るモズクのほとんどは養殖といわれるなか、今別町では天然のモズクを収穫しています。粘度が高く歯ごたえがあり、ミネラルやカルシウムが豊富です。このモズクを練り込んだ特産加工品が「もずくうどん」。もちもちとした食感で、モズクに含まれる栄養を手軽に取れるとあって人気があります。道の駅いまべつ半島プラザアスクルでは、お土産としても購入できます。

(記事公開 2020年3月)