テーマ別おすすめ情報

縄文

みなみ北海道と青森には、多くの縄文遺跡群があります。当時の津軽海峡は北海道と青森をつなぐ「海の道」。縄文人たちは巧みに船をあやつって往来し、共通の文化圏を形成しました。本ページでは、みなみ北海道と青森の主な縄文遺跡や博物館を紹介します。

青森県青森市

特別史跡 三内丸山遺跡

特別史跡 三内丸山遺跡

国の特別史跡に指定された日本最大級の縄文時代集落跡。今から約5500年前~4000年前の縄文時代の集落跡で、長期間にわたって定住生活が営まれていました。ボランティアガイドによる見どころ案内のほか、「縄文時遊館」では出土品等の展示に加え、「ミニ土偶づくり」や「まが玉づくり」などの体験ができます。

青森県弘前市

大森勝山遺跡

大森勝山遺跡

青森県の最高峰、岩木山の北東山麓に位置する、縄文時代晩期に作られた環状列石や大型竪穴建物跡を有する遺跡です。遺跡は現在整備中ですが、見学は常時可能です。遺構は保護のため埋め戻されていますが、遺跡の上に立つと、岩木山を望む豊かな自然環境の中で、縄文時代の風景を体感することができます。なお、出土品の一部は近隣の裾野地区交流センターで見学できます。

青森県八戸市

八戸市埋蔵文化財センター 是川縄文館

八戸市埋蔵文化財センター 是川縄文館

縄文時代の漆器や木製品など、当時の工芸技術の高さを物語る多数の出土品を展示しています。展示の目玉のひとつである国宝「合掌土偶」は、掌を合わせた独特なポーズが特徴で、祈りの姿勢とも女性の出産の様子とも言われています。
毎週日曜日には土偶作り・勾玉作りなど縄文人の”ものづくり”を体験できるコーナーが開催され、お子様連れの家族に人気です。

北海道函館市

函館市縄文文化交流センター

函館市縄文文化交流センター

北海道唯一の国宝「中空土偶」を常設展示する博物館。函館市内の遺跡から発掘された、縄文時代の石器や土器、装飾品などの遺物約1200点を展示しています。
縄文文化体験メニューは8種類。所要時間20~90分で、縄文編み、ミニチュア土器づくり、縄文ペンダントづくり、土笛づくり、組みひもアクセサリー、拓本取りなどが体験できます。

Topics

世界遺産登録の取組み

現在、北海道、青森県、岩手県、秋田県ならびに関係自治体は、「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録を目指しています。自然と人間が共生し、約1万年もの長きにわたって営まれた縄文時代は、高度に発達・成熟した文化です。この、世界史上稀有な先史時代の遺跡群は、人類共通の宝として未来へ伝えていくべき遺産です。

(記事公開 2018年1月)