月別イベント

2018年11月のイベント一覧

ステージ 花・自然 イルミネーション

函館

【函館市】はこだてMOMI-Gフェスタ

道内唯一の国指定文化財庭園「香雪園(見晴公園)」で、紅葉を楽しめるイベント。香雪園は、1890年代に造成された豪商 岩船家の別荘だったもので、現在は函館市の公園として市民に親しまれています。期間中は16時~21時まで約100メートルのカエデ並木をライトアップし、園内は幻想的な雰囲気に包まれます。休憩スペース「緑のセンター」ではミニライブ(無料)、抹茶席やアレンジメントなどの体験会(有料)も楽しめます。無料の駐車場があり、園内はバリアフリーに対応して、車椅子…

【函館市】はこだてMOMI-Gフェスタ

ステージ グルメ 生産者直売 体験 お祭り屋台 無料の振る舞い

道南

【北斗市】茂辺地さけまつり

北斗市の秋を彩る一大イベント「茂辺地さけまつり」。みなみ北海道でも珍しく鮭の遡上を間近で見られる茂辺地川河川敷を会場に、毎年人気の鮭のつかみどりや地元産品の直売に、さけ鍋のふるまいが行われます。 このほか、専用の道具で川底の鮭を覗くことができる鮭見体験が子どもたちに人気です。

【北斗市】茂辺地さけまつり

ステージ グルメ 生産者直売 お祭り屋台 無料の振る舞い

道南

【木古内町】木古内町ふるさと産業まつり

木古内町の秋の味覚を一堂に集め、地域の人々へ販売するふるさと産業まつり。木古内町の農林水商業が集合し、新鮮な海の幸、山の幸をはじめとする特産品などを格安で提供します。だんご汁と鮭なべの無料提供は毎年大人気。恒例の「じゃがいもはさみ取り大会」をはじめ、「新米すくい大会」や「スペシャルセリ市」、「お楽しみ抽選会」など木古内町の特産品があたるステージイベントが多数行われ、会場は大勢の人で賑わいます。

【木古内町】木古内町ふるさと産業まつり

イルミネーション

nittan

【登別市】鬼火の路・幻想と神秘の谷

地獄谷の入り口や展望台をはじめ、遊歩道をライトアップ。揺らめく灯りに照らされた「鬼火の路」が、皆様を地獄谷へ誘います。立ち上る白煙と山肌をかすかに照らす路の先には、幻想的な地獄谷の爆裂火口跡。暗闇だけにみせる荒々しい姿は、まさに現世とは思えないほどの大自然の驚異を剥きだします。

【登別市】鬼火の路・幻想と神秘の谷

ステージ 体験 お祭り屋台

nittan

【苫小牧市】とまこまいコスプレフェスタ

苫小牧市はコスプレイヤーの創作活動を全面的に応援します!市内に点在する観光・産業施設を特別開放。この2日間に限り、普段は撮影できないスポットでコスプレ撮影できます。全ロケーション入場可能でお得なパスや、臨時循環バス、更衣室などもご用意しています。アニソンカラオケ大会、アニソンダンパなどのイベントも同時開催。 また、コスプレしない人も楽しめるポップカルチャーコンテンツのアトラクションが展開されますので、ぜひ会場にお越しください。

【苫小牧市】とまこまいコスプレフェスタ

体験

nittan

【えりも町】サケの飯寿司づくり体験

飯寿司とは、主に魚を塩と米飯で乳酸発酵させた食品「なれずし」の一種で、北海道の冬の郷土料理です。当イベントでは、初心者の方を対象に飯寿司の作り方をレクチャー。講師は町内のお寿司屋さんや、漬物コンクール入賞常連者が務めます。 ※事前申込制(応募者を超えた場合は抽選になります) 【1日目】鮭を捌いて切り身にし、塩水に浸すなど下ごしらえ 【2日目】野菜を刻み、1日目に切り身にしたサケと野菜、調味料を層になるように樽の中に敷き詰める作業を行います。 【漬けた後…

【えりも町】サケの飯寿司づくり体験

ステージ グルメ お祭り屋台 花・自然

青森

【八戸市】はちのへ菊まつり

八戸市民の花「菊」のまつりです。市内の菊愛好家達が育てた奥州菊や懸崖菊など、約700点の菊が会場を彩り、その美を競います。また、花壇・作文・図画コンクールに寄せられた作品を展示します。 会場では餅つき大会を実施するほか、民謡ショー、歌謡ショー、踊りの披露などバラエティに富んだステージパフォーマンスを実施。グルメ出店もあります。

【八戸市】はちのへ菊まつり