月別イベント

2018年5月のイベント一覧

お祭り屋台 花・自然

函館

【函館市】函館のお花見

ゴールデンウィークに見ごろを迎える函館のお花見。中でも人気スポットは、五稜郭公園と函館公園です。両公園とも、19時からは提灯が点灯し、夜桜を楽しむ見物客でにぎわいます。 五稜郭公園では、桜の下でジンギスカンを食べることができます。道具がなくても、手ぶらでジンギスカンを味わえる有料サービスもあります。 函館公園には、食べ物や子ども向けの遊びなど、たくさんの出店が立ち並びます。園内には遊園地や動物園施設、博物館などもあり、花見と合わせて楽しめます。 写真…

【函館市】函館のお花見

ステージ パレード

函館

【函館市】箱館五稜郭祭

土方歳三らが奮戦した戊辰戦争を再現するお祭り。戊辰戦争で命を落とした志士をしのび、五稜郭の歴史を後世に伝えるために始まりました。初日には、旧幕府脱走軍と新政府軍に扮した市民がゆかりの地に花を手向けます。五稜郭タワーアトリウムでは、なりきり度などを競う「土方歳三コンテスト全国大会」が行われ、近年は女性の参加者も増えています。2日目は「維新パレード」で、銃や大砲(空砲)の硝煙の中で両軍が激しく斬り結ぶ白兵戦が見ものです。 写真提供/函館市公式観光情報サイト「…

【函館市】箱館五稜郭祭

ステージ グルメ 生産者直売 花・自然

函館

【函館市】恵山つつじまつり

ツツジの見頃に合わせて、毎年5月下旬~6月上旬に恵山つつじ公園で行われるおまつりです。函館市の東部に位置し、活火山を有する恵山地区。真紅のエゾヤマツツジと、ややピンクがかかった紫色の可憐な花をつけるサラサドウダンの2種のツツジの見頃に合わせて開催されます。5/27(日)には山麓の特設会場で、海鮮特産品販売会、ポニー乗馬体験、スタンプラリー、ステージショーなどが行われ、大勢の人で賑わいます。この日は、JR函館駅前発着のシャトルバスも運行します。 写真提供/…

【函館市】恵山つつじまつり

花・自然 イルミネーション

道南

【北斗市】北斗桜回廊

北斗桜回廊は、樹齢約300年を誇る法亀寺しだれ桜をはじめ、国指定史跡松前藩戸切地陣屋跡の桜トンネル、大野川沿い桜並木、清川千本桜をつなぐ道道96号線沿いの桜のドライブコースです。 特に、桜の開花期間中に行われる法亀寺しだれ桜、松前藩戸切地陣屋跡の桜並木トンネル、大野川沿い桜並木の夜間ライトアップは、昼とは異なる幻想的な空間を演出し、家族連れやカップルなどで賑わいます。

【北斗市】北斗桜回廊

ステージ グルメ 生産者直売 体験 お祭り屋台 花・自然

道南

【松前町】松前さくらまつり

さくらの名所として知られる松前。会場となる松前公園は、約250種1万本の桜が、早咲き・中咲き・遅咲きと順に咲き誇り、約1ヵ月間に渡り花見を楽しめます。期間中は、「郷土芸能大公開」や、「大道芸人パフォーマンス」、こどもの日の「わくわく藩屋敷」など様々なイベントが実施されます。

【松前町】松前さくらまつり

イルミネーション

nittan

【登別市】鬼火の路・幻想と神秘の谷

地獄谷の入り口や展望台をはじめ、遊歩道をライトアップ。揺らめく灯りに照らされた「鬼火の路」が、皆様を地獄谷へ誘います。立ち上る白煙と山肌をかすかに照らす路の先には、幻想的な地獄谷の爆裂火口跡。暗闇だけにみせる荒々しい姿は、まさに現世とは思えないほどの大自然の驚異を剥きだします。

【登別市】鬼火の路・幻想と神秘の谷

お祭り屋台 花・自然

nittan

【新ひだか町】しずない桜まつり

「さくら名所100選」、「日本の道百選」、「北海道遺産」に選定されている「ニ十間道路桜並木」が会場。幅が20間(36m)あることからその名がついた道路の両脇にはエゾヤマザクラを中心に、約3000本の桜が直線7kmにわたり咲き誇ります。並木道でのお花見や、会場で販売される期間限定のお土産、旬の味覚など新ひだか町の春が堪能できます。 期間中、皇族のための貴賓舎として建てられた龍雲閣を一般公開し、国宝級の品々等、貴重な収蔵品を見学することができます。 5月3…

【新ひだか町】しずない桜まつり

ステージ 生産者直売 体験 お祭り屋台 花・自然

nittan

【むかわ町】つつじとアスパラの春まつり

毎年ゴールデンウィークに開催。旬のアスパラをはじめとする地元産農産物の直売所が開設されるほか、ツツジの苗木や果樹の即売会を行います。 会場から徒歩10分程度の場所には「ほべつ道民の森」があり、その中のつつじ園では15種類約1万2千本のツツジを鑑賞することができます。イベント中に見ごろを迎えるのは、エゾムラサキツツジ、トキワツツジ、エゾヤマザクラ。その後、6月下旬まで色とりどりのツツジを楽しむことができます。

【むかわ町】つつじとアスパラの春まつり

ステージ グルメ お祭り屋台 花・自然

nittan

【苫小牧市】緑ヶ丘公園まつり

苫小牧のイベントの幕開け!桜の開花と春の訪れを感じる、ほのぼのとしたお祭りです。会場には苫小牧名物「ホッキカレー」やお祭り屋台などの出店が立ち並び、ステージでは吹奏楽演奏やダンスなどのショー、ちびっこビンゴゲーム大会などを開催。また、裏千家淡交会による野点(のだて)コーナーが設けられ、桜のもとで風流なひとときを楽しむことができます(100円)。 会場は、市民の憩いの場所「緑ヶ丘公園」。街を一望できる展望台があり、花壇や緑の芝生、噴水が心を和ませてくれる公…

【苫小牧市】緑ヶ丘公園まつり

ステージ グルメ 花・自然 無料の振る舞い スポーツ

nittan

【苫小牧市】ノーザンホースパークマラソン

馬とのふれあいをテーマにしたテーマパーク「ノーザンホースパーク」で開催されるマラソンイベント。ハーフマラソンでは自然にかこまれたノーザンホースパーク内および周辺コースを、トレイルランでは牧場内の競走馬用のウッドチップ敷設コースなどを走ります。通常の大会とはひと味違うプレミアムなマラソンはファンも多く、全国各地からランナーが集結します。 当日は、子どもや親子向けのアトラクションを開催するほか、参加者向けビュッフェを応援や家族の方も有料でご利用OKとするなど…

【苫小牧市】ノーザンホースパークマラソン

ステージ グルメ 生産者直売 お祭り屋台 花・自然 イルミネーション

青森

【弘前市】弘前さくらまつり

弘前桜前線がやってくるのは4月下旬頃で、華やかな桜が老松と見事なコントラストを描き、弘前公園の中で美しく咲き競います。人々はその桜の下で華に酔い、酒に酔い、津軽の花を満喫します。夜になればライトアップされた桜がお城をめぐる濠の水面に浮かび、幻想的な風情を醸し出し、その美しさは訪れる人々を魅了します。 今年のさくらまつりは、大正7年に第1回観桜会(観桜会が開催されてから100周年を迎えます。観桜会と呼ばれた当時のまつりの雰囲気を感じられる名物であった人力車…

【弘前市】弘前さくらまつり

ステージ お祭り屋台 花・自然

青森

【むつ市】むつ桜まつり

毎年、水源池公園と早掛沼公園で行われる「むつ桜まつり」。期間中はステージイベントや、出店により多くの人々で賑わいます。水源池公園には、国の重要文化財に指定された東北地方最初の「重力アーチ式堰堤」があり、園内には約200本の桜が咲き誇ります。早掛沼公園は約360本の桜のほか、珍しい緑色の花が咲く桜「御衣黄(ぎょいこう)」があり、訪れる方を楽しませます。

【むつ市】むつ桜まつり

ステージ お祭り屋台 花・自然

青森

【八戸市】はちのへ公園春まつり

八戸市内最大の桜の名所「八戸公園」で行われる春のイベント。八戸公園は、さまざまな植物を見ることができる「緑化植物園ゾーン」、ジェットコースターなどを備えた「遊園地ゾーン」など9つのゾーンからなる、37ヘクタールの広大な公園。4月下旬~5月上旬頃にはソメイヨシノ・ヤマザクラ・ヤエザクラなど約2000本の桜が開花するほか、梅や桃なども咲いて春を満喫することができます。 春まつり開催中は、ジャズバンドや地元シンガーのライブ、日本舞踊やフラダンスなどのステージ、…

【八戸市】はちのへ公園春まつり

グルメ お祭り屋台 パレード

青森

【青森市】Aomori春フェスティバル

青森内の7会場で開催される「AOMORI春フェスティバル」。オープニングパレードには、自衛隊ブラスバンド、ベリーダンス、よさこい出演者・ハネト、大型ねぶた、青森工業高校担ぎねぶた、ねぶたHIP HOPが登場。また、27チームによる「よさこい」演舞、大型ねぶたの出陣、子どもから大人まで自由に参加できる「ねぶた囃子体験」などを開催します。地産地消食堂のコーナーには青森県産の食材を使用した飲食・物販店が軒を連ねるなど、街中に人があふれます。

【青森市】Aomori春フェスティバル

ステージ グルメ 生産者直売 体験 お祭り屋台 花・自然 イルミネーション

青森

【弘前市】弘前りんご花まつり

りんご生産量日本一の弘前市で、白く可憐なリンゴの花が満開の時期に合わせて開催されるまつりです。弘前市りんご公園の「すり鉢山」からは岩木山の裾野に広がるリンゴ畑が一望でき、期間中の土日をメインに、津軽を感じるイベントやグルメが満喫できます。また、園内のりんご畑では、農作業体験が楽しめ、巨大アップルパイの実演販売など、さまざまなイベントが催されます。12日16:00からは「シードルナイト」と題し、シードルをはじめとするりんごのお酒を飲み比べできるイベントが開催…

【弘前市】弘前りんご花まつり