みなみ北海道・青森の周遊観光を、お得に!チケットやキャンペーンに関する情報のリンク集です。(情報更新日:2017年5月1日)

圏外⇔北海道・青森

名称
利用期間
説明
<JR東日本・JR北海道>
北海道&東日本パス
春(3/1~4/22)夏(7/1~9/30)冬(12/10~翌年1/10)までの連続する7日間
JR(北海道・東日本)、青い森鉄道、IGRいわて銀河鉄道、北越急行、富士急行の普通・快速列車及びBRTが7日間乗り放題。
※「新青森~新函館北斗」間内相互発着の場合に限り、別に特定特急券をお求めいただければ、北海道新幹線を立席(空いている席)で利用可能。
<JR東日本・JR北海道>
大人の休日倶楽部
いつでも入会可能
50歳以上対象。会員になると、切符の割引購入や、会員限定割引切符・旅行商品の購入が可能。
<JR各社>
青春18きっぷ
2017/3/1~2017/4/10(春季)、2017/7/20~2017/9/10(夏季)、2017/12/10~2018/1/10(冬季)
1回あたり2,370円で1日乗り放題。1人で5回分または5人までのグループ利用ができます。JR全線の普通・快速列車(BRT・宮島連絡船含む)が5日間乗り放題。北海道新幹線の一部区間(奥津軽いまべつ~木古内)と道南いさりび鉄道(木古内~五稜郭)を通過する場合は、別途オプション券が必要です。
<JR各社>
青春18きっぷ北海道新幹線オプション券
2017/3/1~2017/4/10(春季)、2017/7/20~2017/9/10(夏季)、2017/12/10~2018/1/10(冬季)
北海道新幹線の一部区間(奥津軽いまべつ~木古内)と道南いさりび鉄道(木古内~五稜郭)を青春18きっぷで通過するためのオプション券。1枚で片道分となっており、往復する場合はオプション券が2枚必要になります。
<ANA>
旅割
搭乗日の75日前から21日前まで
航空券の早期購入で割引価格で航空券を購入できる。
<ANA>
シニア空割
搭乗当日に空席がある場合のみ購入可
65歳以上のANAマイレージクラブ会員対象。日本全国どこでも1区間13300円から。
<JAL>
先得
搭乗日の75日前から28日前まで
航空券の早期購入で割引価格で航空券を購入できる。
<JAL>
当日シルバー割引
搭乗当日に空席がある場合のみ購入可
65歳以上のJALカードまたはJALマイレージバンクカード所有者が対象。日本全国どこでも1区間13300円から。
<AIR DO>
AIR DOスペシャル
搭乗日の75日前から21日前まで
航空券の早期購入で割引価格で航空券を購入できる。
<バニラエア>
おトク情報
キャンペーンによる
成田空港~札幌(新千歳空港)間に就航するLCC。JR北海道やホテルとセットのお得なキャンペーンを実施している。
<ジェットスター>
セール情報
通年
東京(成田)・名古屋(中部)・大阪(関西)から札幌(新千歳)間に就航するLCC。定期的にセールを実施。
<津軽海峡フェリー&弘南バス>
東京・函館きっぷ
通年
上野駅・東京駅-青森間の高速路線バスと、青森-函館間のフェリーがセットになった割引きっぷ。夜行バス利用なので、目が覚めれば目的地に到着。

北海道・青森 周遊

名称
利用期間
説明
<JR東日本・JR北海道>
北海道フリーパス
2016/3/26から通年
JR北海道線全線の特急・急行・普通列車自由席とジェイアール北海道バス(一部路線を除く)が7日間乗り放題。指定席も6回利用可。
※北海道新幹線(新青森~新函館北斗間)は利用不可。※4/27~5/6、8/11~20、12/28~1/6の期間は利用不可。
<JR北海道>
お得なきっぷ
切符による
都市間の移動や、グリーン車割引、レール&レンタカーなど
<株式会社アクセス(はこなび)>
ぐるりんしもきた観光ルートバス
2017/5/3~10/29
函館~大間(青森)の往復フェリー運賃と恐山、仏ヶ浦、大間崎など、下北半島の見どころを巡る観光バスのセットプラン。

北海道⇔北東北エリア

名称
利用期間
説明
<北海道中央バス&津軽海峡フェリー>
津軽海峡物語
通年
高速はこだて号とフェリーの片道の乗車船券がセットの割引乗車船券。

函館・道南エリア

名称
利用期間
説明
<JR北海道>
はこだて旅するパスポート
2018/4/1まで
函館と北斗市、木古内町、七飯町、鹿部町、森町のJR、道南いさりび鉄道、バス、市電が2日間乗り放題。
<JR北海道>
乗車券往復割引きっぷ
2018/4/5まで(発売は2018/3/31まで)
普通列車の自由席が利用でき、別に特急券を追加すると特急列車等が利用できる往復割引きっぷ。
<JR北海道>
北斗オプション特急券
2018/4/5まで
乗車券往復割引切符とセットで利用するオプション特急券。所定の特急料金よりも割安に特急北斗・スーパー北斗の自由席へ乗車できる。
発売箇所【伊達紋別・洞爺・長万部】※発売駅が限定されていますので、往復とも特急利用の場合はあらかじめ帰りの分も事前にお買い求めください。
※発売箇所以外での変更不可。
<函館市企業局交通部>
市電専用1日乗車券
通年
函館市内の市電が1日乗り放題。市電車内でも購入可。
<函館市企業局交通部&函館バス>
市電・バス共通1日(2日)乗車券
通年
函館市内の市電・函館バス(一部除く)が1日(2日)間乗り放題。市電・バス車内でも購入可。
<函館バス>
バス専用1日乗車券「カンパス」
通年
函館市内の函館バスが1日乗り放題。バス車内でも購入可。
<北海道中央バス&函館バス>
松前⇔札幌乗継割引乗車券
通年
札幌~函館間の高速バスと、函館~松前への函館バスの乗り継ぎ割引乗車券。往復タイプ有り。
<北海道中央バス&函館バス>
知内⇔札幌乗継割引乗車券
通年
札幌~函館間の高速バスと、函館~知内への函館バスの乗り継ぎ割引乗車券。往復タイプ有り。
<函館バス>
江差・松前周遊フリーパス~千年北海道手形
【発売期間】2017/4/1~2018/3/29【利用】発売から3日間)
函館・木古内から江差・松前・乙部への函館バスの路線バスが3日間乗り放題。
【発売箇所】函館駅前バス案内所、新函館北斗駅構内「北斗市観光交流センター観光案内所」、道の駅「みそぎの郷きこない」
※JR北海道の駅(新幹線駅を除く)、ツインクルプラザで「江差・松前周遊フリーパス~千年北海道手形引換券」を購入した場合は、上記発売箇所で交換が必要です。
利用できる路線
【函館~江差間】函館・江差線、館・冨里線、稲見線 【江差~原口間】江差・小砂子線
【乙部~江差間】桧山海岸線、江差・八雲線※乙部は「乙部荘前」バス停まで乗車可能
【函館~松前間】快速松前号、木古内・松前線、小谷石線 【江差~木古内間】江差・木古内線
【原口~松前間】大漁くんバス
<道南いさりび鉄道>
千年北海道手形オプションきっぷ
【発売期間】2017/4/1~2018/3/31(12/31・1/1除く)
江差・松前周遊フリーパス~千年北海道手形で道南いさりび鉄道(木古内→五稜郭)を利用する際に使うオプション券。購入の際は江差・松前周遊フリーパス~千年北海道手形の提示が必要。
【発売箇所】道南いさりび鉄道本社(函館市若松町12番5号)、道の駅「みそぎの郷きこない」
<北都交通・HKB>
函館・江差・木古内周遊コース
2017/4/29~2017/10/28までの土曜
定期観光バス。函館駅・新函館北斗駅から乗車し、厚沢部の道の駅での休憩ののち江差での1時間50分のフリータイム、木古内の道の駅の見学や、木古内駅から渡島当別駅までは道南いさりび鉄道を利用し、トラピスチヌ修道院を見学し、函館駅・湯の川温泉の各ホテル前で解散。
<エイチ・ビー観光>
江差・松前名所周遊号
2017/4/1~2017/10/31(完全1日前予約運行)
定期観光バスの乗車券、江差・上ノ国・松前の観光施設の入場券、松前での昼食がセットになった周遊プラン。

ニセコエリア

名称
利用期間
説明
<JR北海道>
1日散歩きっぷ
2017/4/1~2017/11/5の土曜・休日
※当日発売(前売り無)
札幌を中心としたエリア内の普通・快速列車が、発売当日に限り1日乗り放題。
購入できる駅
小樽、南小樽、小樽築港、銭函、星置、手稲、稲積公園、発寒、発寒中央、琴似、桑園、札幌、苗穂、白石、厚別、森林公園、大麻、野幌、高砂、江別、幌向、岩見沢、八軒、新川、新琴似、篠路、拓北、あいの里教育大、石狩当別、平和、新札幌、上野幌、北広島、島松、恵み野、恵庭、千歳の各駅、札幌駅のツインクルプラザ

nittanエリア(登別・日高)

名称
利用期間
説明
<JR北海道>
1日散歩きっぷ
2017/4/1~2017/11/5の土曜・休日
※当日発売(前売り無)
札幌を中心としたエリア内の普通・快速列車が、発売当日に限り1日乗り放題。
購入できる駅
小樽、南小樽、小樽築港、銭函、星置、手稲、稲積公園、発寒、発寒中央、琴似、桑園、札幌、苗穂、白石、厚別、森林公園、大麻、野幌、高砂、江別、幌向、岩見沢、八軒、新川、新琴似、篠路、拓北、あいの里教育大、石狩当別、平和、新札幌、上野幌、北広島、島松、恵み野、恵庭、千歳の各駅、札幌駅のツインクルプラザ
<JR北海道>
乗車券往復割引きっぷ
2018/4/5まで(発売は2018/3/31まで)
普通列車の自由席が利用でき、別に特急券を追加すると特急列車等が利用できる往復割引きっぷ
<JR北海道>
北斗オプション特急券
2018/4/5まで
乗車券往復割引切符とセットで利用するオプション特急券。所定の特急料金よりも割安に特急北斗・スーパー北斗の自由席へ乗車できる。
発売箇所【伊達紋別・洞爺・長万部】※発売駅が限定されていますので、往復とも特急利用の場合はあらかじめ帰りの分も事前にお買い求めください。
※発売箇所以外での変更不可。
<JR北海道>
登別レジャーオプション券
通年
登別駅を着駅とするお得なきっぷや登別駅をフリーきっぷと組み合わせて利用できるオプション券。

青森エリア

名称
利用期間
説明
<JR東日本>
五能線フリーパス
通年
奥羽本線(青森~弘前・東能代~秋田)と五能線(川辺~東能代)の普通列車が2日間乗り放題。
<JR東日本>
津軽フリーパス
通年
奥羽本線(青森~碇ヶ関)、五能線(川辺~五所川原)、津軽鉄道(五所川原~金木)、弘南鉄道全線の普通列車と弘南バスが2日間乗り放題。
<弘南鉄道>
大黒様きっぷ
通年
弘南鉄道全線が1日乗り放題。
<青い森鉄道>
お得なきっぷ
切符による
青い森鉄道の各種お得なきっぷの案内ページ。中には全国のコンビニエンスストアで購入できるお得なフリーきっぷも。
<青森市企業局交通部>
フリールートカード
通年
青森市内を走る青森市営バスが土日祝日に限り1日乗り放題。
<JR東日本&八戸市交通部&南部バス>
八戸えんじょいカード
通年
八戸市内を走る路線バスとJRが1日乗り放題。
<八戸市交通部>
1日乗車券
通年
八戸市内を走る八戸市営バスが土日祝日と毎月25日に限り1日乗り放題。
<八戸市交通部&南部バス&十鉄バス>
まちパス300
通年
八戸市内中心部のフリーエリア内を運行する八戸市営バス・南部バス・十鉄バスが1日乗り放題。
<南部バス>
1日乗車券
通年
八戸市内を走る南部バスが土日祝日と毎月25日に限り南郷区を除く八戸市内全路線乗り放題。
<三沢市>
MISAWAぐるっとバス
原則土日祝祭日運行
三沢駅から三沢市内各所を巡る無料シャトルバス。
<JR東日本>
あおもりホリデーパス
通年
青森県内のJRと青い森鉄道の普通・快速列車が土休日と指定期間が1日乗り放題。
<青森観光バス>
あおもりシャトルdeルートバス(ねぶたん号)1日乗車券
通年
新青森駅から青森駅方面・三内丸山遺跡などを巡る観光ルートバスに1日乗り放題。
<弘南バス>
100円バス共通1日乗車券
通年
弘前市内を走る100円バスとためのぶ号(一部区間を除く、12月から3月は運休)が 1日乗り放題
<弘南バス>
黒石市回遊バス「ぷらっと号」
通年
黒石市内を走る循環バス。
<奥津軽いまべつ駅・津軽中里駅間バス運行協議会・弘南バス>
中里駅前~奥津軽いまべつ駅前線
通年
北海道新幹線「奥津軽いまべつ駅」と津軽鉄道「津軽中里駅」を70分で結ぶ路線バス。1日4往復運行。片道1200円(小児半額)