道南エリア情報

海老のしっぽのような形をした渡島半島と、奥尻島から成る道南エリア。 山海の豊かな恵みを糧として、古くは縄文人、アイヌ人、15世紀以降は「和人」も暮らし、北の文化を育みました。 各地のイベントでその歴史と文化を体感できます。

2017年度の主なイベント

4月

  • 【北斗市】北斗市桜回廊

    2017/4/29(土)~5/7(日)

    毎年10万人もの花見客で賑わう、北斗市内の桜スポットめぐりを楽しむイベント(スポットは次の4カ所)。 ①松前藩戸切地陣屋跡(約800mの桜並木トンネル) ②大野川沿い桜並木(散策に加え、橋の上から見下ろすのもオススメ) ③法亀寺 しだれ桜(樹齢約300年、高さ12m、道内最大級のしだれ桜) ④清川 千本桜(道道96号線に沿って約1.8km続く桜並木、並木の先に函館山が見える。) ※④は夜間のライトアップがありません。 戸切地陣屋前広場では特産品販売のほか、七厘セット貸し出しサービスがあり、食材を持ち込めばお花火BBQを楽しめます。

  • 【木古内町】木古内みそぎまち歩き

    通年(1/13~1/15を除く)

    木古内駅前からスタートする約1時間のまち歩き。ガイドと一緒にまちを散策しながら、伝統行事「寒中みそぎ祭り」にゆかりのあるスポットを巡ります。小さいながらも味のある商店街では、菓子店での試食、酒店での試飲が楽しめます。最後は津軽海峡に面した「みそぎ浜」にたどり着き、ガイドから180余年にも渡る寒中みそぎの歴史を聞いた後、みそぎを疑似体験。豊漁豊作を願う神事のご利益を分けてもらいましょう。 (お1人様1000円/1名から10名まで/開催日の7日前までに要予約) ※木古内駅前には、話題のスポット「道の駅 みそぎの郷きこない」も。地元名産品の買い物や、地元食材にこだわったレストラン「どうなんde's Ocuda Spirits」での食事をお楽しみください。

はこぶらレポート

函館市公式観光情報サイト「はこぶら」から、このエリアついてのお役立ち記事や、旅レポートをご紹介します。